こんにちは!けんごろう鍼灸整骨院です。

最近夜中にふくらはぎがつる事があるというお悩みを多く聞いたので、予防方法をご紹介します。
2a9ad0b5-9cac-4f0c-9216-d84f90f85420
ふくらはぎがつる【こむらがえり】は、1つはミネラルの不足が主な原因だといわれています。
ミネラルのうち、カルシウムとカリウムは、筋肉の収縮や神経の伝達をスムーズにする働きがあります。この2つのミネラルを調整しているのが、マグネシウムです。3つとも大切なミネラルですが、特にマグネシウムの不足は筋肉の収縮に関係する腱紡錘の機能低下に大きな影響を与えます。

予防するには、十分なミネラルの摂取が欠かせません。マグネシウムは、アオサやワカメ、ヒジキなどの海藻類のほか、ナッツ類に多く含まれています。 また、カルシウムは牛乳やチーズなどの乳製品、豆腐や生揚げなどの大豆製品、ししゃもやしらすなど、骨ごと食べられる魚に多く含有されています。 カリウムは、長いもやさつまいもなどのイモ類、バナナやキウイなどの果物に豊富です。これらの食品はミネラルだけでなく、ほかの栄養価もすぐれているので、意識的に摂取しましょう。
もう1つは発汗による脱水です。

運動中や就寝中の発汗による脱水、冷えなどの血行不良も腱紡錘の機能を低下させる原因になります。また、加齢によっても腱紡錘のセンサー機能は衰えます。そのため、60歳以降はこむらがえりが起こりやすくなります。さらに女性は妊娠中ミネラル不足になりやすく、それが原因でこむらがえりを引き起こすことがあります。

運動時や就寝時は、水分不足でこむらがえりが起きやすくなります。運動中は、スポーツドリンクなどで水分とミネラルをこまめに補給しましょう。また、運動前にカリウムが豊富なバナナを食べるのも予防になります。就寝前にコップ1杯の水を飲むことも有効です。足が冷える人は、就寝時に靴下やストッキングを履くのも、予防につながります。

 

こむらがえりが起きた場合は、応急処置として患部を伸ばします。足の指を持ち、体の方へと引き寄せ、アキレス腱を伸ばしましょう。また、壁に足の裏を押しつけて、ふくらはぎを伸ばしても良いです。ただし、無理やり一気に伸ばすと筋肉が損傷し、肉離れを起こすことがあります。慎重に、ゆっくり伸ばしてくださいね。

ご予約、ご相談はこちらから!!
http://airrsv.net/kengorou/calendar/embed/

鎌倉市大船 けんごろう鍼灸整骨院
【足歪み/外反拇趾/背骨骨盤矯正/交通事故治療/産前産後矯正/アスリートケア/ライブトレーナー/栄養指導】

神奈川県鎌倉市岩瀬1-1-30鎌倉ミレハウス101
0467-43-3400
〜JR大船駅徒歩10分〜

営業時間
9時〜12時30分
15時〜20時(最終予約受付19時30分)
休診 日曜日 ♫身体の痛みを根本から変えていきます♫

〜新しい自分になれる場所〜 ♦︎ネット予約が×でつながらない場合は直接お電話でお問い合わせくださいませ!! ご予約はこちら
【@kamakurakengorou 】
【#avatrainingstudio 】